宅建試験・参考書 その他の分野

presented by 宅建倶楽部

2 登録免許税の税額

登録免許税の税額は,課税標準×税率=税額という式で求めることができる。

課税標準

(1)
課税標準とは,税率を掛ける前提になる数字だ。
この課税標準は,受ける不動産登記の種類に応じて,次のように決まっている。
@ 所有権の保存登記(仮登記を含む)を受ける場合, 所有権の移転登記(仮登記を含む)を受ける場合,地上権や賃借権の設定登記(仮登記を含む)を受ける場合
…不動産の価額が課税標準になる。
ただし,この不動産の価額は,当分の間, 固定資産課税台帳に登録された価格を基礎として政令で定める価額によることができることになっている。
A抵当権や質権の設定登記を受ける場合
…債権金額(設定者から見れば債務金額)が課税標準になる。

(2)
登録免許税は,不動産取得税や固定資産税と違って,課税標準(固定資産課税台帳に登録された価格)が少額な場合でも,課税標準がないとされる場合はない。つまり登録免許税には免税点がない。
むしろ,登録免許税の課税標準が1,000円に満たない場合は,その課税標準が1,000円になる,という規定がある。

税率

登録免許税の税額は,[課税標準×税率=税額]という式で求めることができるが,税率は,不動産登記の種類に応じて,次のように決まっている。

@所有権の保存登記を受ける場合
…本則(登録免許税法の本来の定め)は1,000分の4だ。
ただし,個人が次の要件等を満たす新築住宅の保存登記を受ける場合は,1,000分の1.5に軽減される。軽減される理由は住宅取得促進政策だ。
a.床面積が50u以上であること
b.登記を申請する個人の居住用であること
c.新築後または取得後1年以内に登記すること

A所有権の移転登記を受ける場合
…本則は1,000分の20だ(売買による土地の所有権の移転登記は平成24年4月1日から平成29年3月31日まで1,000分の15)。
ただし,個人が次の要件等を満たす新築住宅または中古住宅の移転登記を受ける場合は,1,000分の3に軽減される。
軽減される理由は住宅取得促進政策だ。
a.床面積が50u以上であること
b.登記を申請する個人の居住用であること
c.新築後または取得後1年以内に登記すること
d.中古住宅は, 木造は建築後20年以内であること,耐火建築物や準耐火建築物は建築後25年以内であること(なお,平成17年4月1日以降に,新耐震基準を満たすことを証明している中古住宅を取得したときは,建築後の年数は適用されない)

B抵当権や質権の設定登記を受ける場合
…本則は1,000分の4だ。
ただし,個人が次の要件等を満たす新築住宅または中古住宅を新築または取得するために貸し付けを受け,貸し付け債権を担保するために,その住宅の抵当権設定登記を受ける場合は,1,000分の1に軽減される。軽減される理由は住宅取得促進政策だ。
a.床面積が50u以上であること
b.登記を申請する個人の居住用であること
c.新築後または取得後1年以内に登記すること
d.中古住宅は, 木造は建築後20年以内であること,耐火建築物や準耐火建築物は建築後25年以内であること(なお,平成17年4月1日以降に,新耐震基準を満たすことを証明している中古住宅を取得したときは,建築後の年数は適用されない)

税額

(1)
登録免許税の税額は,[課税標準×税率=税額]という式で求めることができるが,算出された税額が1,000円に満たない場合は,その登記に関する登録免許税の税額は1,000円になる(この1,000円を登録免許税の最低税額という)。

(2)
[課税標準×税率=税額]という式で求めた登録免許税は,現金納付するのが原則だ。
ただし,納付額が3万円以下の場合は,例外的に,収入印紙を登記申請書に貼りつけて納付することができる(現金納付でもよい)。

(3)
登録免許税を納税した後に,納税額に不足があったことが判明した場合は,所轄の税務署長が,不足額を追徴できる。不足額の判明が登記の後であっても同じ。

(4)
登録免許税を納税する納税地は,登記を受ける登記所の所在地だ(登記を受ける者の住所地ではないので注意)。

(5)
登録免許税の納期限は,登記を受ける時だ。

前ページ次ページ


MAP 資格 行政書士 社会保険労務士 FP 宅建 マンション管理士 管理業務主任者 行政書士試験 相続遺言C久留米 風俗営業許可久留米 遺言書 遺産相続 保証人 公的融資 公正証書 SEO対策