宅建試験・参考書 その他の分野

presented by 宅建倶楽部

第3 固定資産税

固定資産税は,不動産等を『持っているとき』に毎年納める税金だ。固定資産税は,地方税法という法律で定められている。
固定資産税も,定義と税額の2つに分けて整理するのが合理的だ。

1 固定資産税の定義

(1)
固定資産税とは,固定資産の所有者に対して課される市町村税だ。
固定資産所在地の市町村が課税する。

(2)
固定資産とは,
・土地
・家屋(建物)
・償却資産(土地や家屋以外の物で,工場の機械などのように事業に供することができる資産)
のどれかを指す。
したがって,償却資産を所有している場合も固定資産税が課税される。

(3)
固定資産の『所有者』とは,1月1日現在,登記簿または固定資産課税台帳に所有者として登記または登録されている者をいう。
だから,1月1日に登記または登録されている者が,固定資産税の納税義務者になる。
年の途中で固定資産の売買があり所有者が変わった場合でも,その年の1月1日に登記または登録されている者が,全額を納付する義務を負う(所有していた月数や日数に応じて納付するのではない)。
なお,例外的な話として,質権または100年より長い存続期間の地上権の目的となっている土地については,その質権者や地上権者(原則として登記または登録されている者)が,ここでの所有者と扱われ,固定資産税の納税義務者となる。

(4)
固定資産税は市町村税だが,市町村税とは市町村に納める税金のことだ(固定資産税は都道府県に納める都道府県税ではない)。

(5)
なお,国,都道府県,市町村,特別区(東京23区)などに対しては,固定資産税を課することができない(非課税)。

前ページ次ページ


MAP 資格 行政書士 社会保険労務士 FP 宅建 マンション管理士 管理業務主任者 行政書士試験 相続遺言C久留米 風俗営業許可久留米 遺言書 遺産相続 保証人 公的融資 公正証書 SEO対策