宅建試験・参考書 その他の分野

presented by 宅建倶楽部

第2 地価公示法

地価公示法は,土地の正常価格(市場原理に基づく理想的な価格)を求めて公示することで,
・都市及びその周辺の地域等で土地の取引を行う者に指標を与える
・公共事業用地の収用に対する取得価格や補償金を算定する際の規準を与える
・国土利用計画法に基づいて知事が勧告をする際の規準を与える
・不動産鑑定士が,地価公示が行われている区域内の土地について鑑定評価を行なう際に,正常価格を求めるときの規準を与える
等のことを目的としている。

地価公示法は,次の5つに分けて順番に勉強するのが,頭を整理する上で最も有効だ。
1 地価公示は誰が行うのか
2 地価公示はいつ行うのか
3 地価公示を行う場所はどこか
4 地価公示はどういう方法で行うのか
5 地価公示の効力

順番に説明して行く。

1 地価公示は誰が行うのか

(1)
地価公示を行うのは,土地鑑定委員会だ。

(2)
土地鑑定委員会は,国土交通省に置かれ,7人の土地鑑定委員(うち6人は非常勤)で組織された地価公示のための専門機関だ。

(3)
土地鑑定委員とは,不動産の鑑定評価に関する事項または土地に関する制度について学識経験を有する者のうちから,両議院の同意を得て,国土交通大臣によって任命された者だ。

前ページ次ページ


MAP 資格 行政書士 社会保険労務士 FP 宅建 マンション管理士 管理業務主任者 行政書士試験 相続遺言C久留米 風俗営業許可久留米 遺言書 遺産相続 保証人 公的融資 公正証書 SEO対策