宅建試験・参考書 その他の分野

presented by 宅建倶楽部

第2 建物の知識

ここでは建物についての次のことを勉強する。
1 建物の種類
2 地震や火事等に対する強さ
3 建物の安全・衛生に関する基準

1 建物の種類

建物は一般に,柱,梁(はり),壁などの骨組から構成されており,骨組を構成する材料別に建物を分類すると,
・鉄骨造
・鉄筋コンクリート造
・鉄骨鉄筋コンクリート造
・組積造(そせきづくり)
・木造
に分けることができる。

なお,建物の骨組自体の形(構造)については,トラス・ラーメン・アーチ・壁式構造などが用いられる。
・「トラス」は、骨組を「三角形」に組む形式(細長い部材を三角形に組み合わせた構成の構造)だ。大スパン(支柱間の距離が長い大空間)の建物を造るのに適している。倉庫,劇場などに多く見られる。
・「ラーメン」は、骨組を「四角形」(直方体)に組む形式(柱とはりを組み合わせた直方体で構成する骨組)だ。これはドイツ語であり、食べるラーメンではない! 中高層建築物に多く見られる。
・「アーチ」は、骨組をアーチ状(円弧状)に組む形式だ。トラスと同様に,大スパンの建物を造るのに適している。最近では,ドーム型球場の骨組に多く見られる。
・「壁式構造」は、「壁だけ」で骨組みを組む形式(柱とはりを持たない箱状の骨組)だ。低中層マンションなどに多く見られる。

鉄骨造

(1)
鉄骨造とは,主要な骨組に鋼材を用いた建物。

(2)
鉄骨造は,大張り間構造の(大空間を有する)建築物に適している。

(3)
鉄骨造は,火熱による耐力(たいりょく)の低下が大きい。
つまり,鉄骨造は鉄が裸のままなので,鋼材をコンクリート等の不燃材料で被膜しないと耐火構造にできない。

鉄筋コンクリート造

(1)
鉄筋コンクリート造とは,主要な骨組に鉄筋を入れたコンクリートを用いた建物。
鉄筋は引っ張る力に強く,コンクリートは圧縮力に強い。そこで両者の長所を合理的に組み合わせて,基礎,柱,梁,床,屋根などが一体になるように作った建物が,鉄筋コンクリート造だ。

(2)
省略

(3)
コンクリートの材料は,鉄筋をさびさせ,又はコンクリートの凝結や硬化を妨げるような酸・塩(えん)・有機物・泥土を含まないようにする必要がある。

鉄骨鉄筋コンクリート造

(1)
鉄骨鉄筋コンクリート造とは,主要な骨組に鉄骨と鉄筋を入れたコンクリートを用いた建物。

(2)
鉄骨鉄筋コンクリート造は,鉄骨造と鉄筋コンクリート造の長所を組み合わせたものなので,主に高層建築物に用いられる。

組積造

(1)
組積造とは,主要な骨組にレンガ・コンクリートブロック等を用いた建物。レンガ・コンクリートブロック等をモルタルでつないで積み上げたのが,組積造。

(2)
組積造は,そのままでは地震等に弱いので,鉄骨又は鉄筋コンクリートで補強しなければならないこともある。
例えば,組積造の建物のはね出し窓やはね出し縁(バルコニー)は,鉄骨又は鉄筋コンクリートで補強しなければならない。

木造

(1)
木造とは,主要な骨組に木材(集成材を含む)を用いた建物。
※集成材
…人工乾燥させた板を繊維(木目)方法に何枚も重ねて接着したもの。節(ふし)や割れなど天然木材特有の欠点を取り除いてから貼り合わせるので,狂い・ねじれ・まがり等が生じにくい。そこで最近では,大規模な木造建築物の骨組みにも使用されている。アーチ状に湾曲させた集積材も開発されていて,その場合は体育館にも用いられる。

(2)
木造建築物を建築する場合,主として次の3つの工法がある。
@軸組工法
柱などの垂直材と梁などの水平材を主体として構成されている工法。昔ながらの和風住宅が軸組工法によっている。
A枠組壁工法(ツーバイフォー工法ともいう)
2インチ×4インチの木材を部材として厚い壁を作り,その壁自体で建物の荷重を支える工法。
枠組壁工法(ツーバイフォー工法)は,壁で建物を支えるの工法なので,柱の耐力(柱の力)で地震などに抵抗するわけではない。あくまで壁で建物を支える工法。
B丸太組工法
…丸太造りの建物(ログハウス)がこの工法。

(3)
省略

(4)
木材の特長
@木材の辺材(樹皮に近い外側の部分から取った材木)は,心材(中心部分から取った材木)と比較すると,腐りやすい。
A木材の圧縮強度は,繊維に直角の方向と比較すると,繊維方向の方が強い。
B木材の強度は,乾いている状態の方が湿っている状態より強い。

前ページ次ページ


MAP 資格 行政書士 社会保険労務士 FP 宅建 マンション管理士 管理業務主任者 行政書士試験 相続遺言C久留米 風俗営業許可久留米 遺言書 遺産相続 保証人 公的融資 公正証書 SEO対策