宅建試験・参考書 その他の分野

presented by 宅建倶楽部

2 ガケ崩れのおそれがない所

(1)
ガケ崩れのおそれがない所は宅地に適している。
逆に言うと,ガケ崩れのおそれがある所は宅地に適していない。

(2)
ガケ崩れのおそれがあり宅地に適していないのは,次のような土地だ(例示)。
@崖錐(がいすい)地形の所
崖錐堆積物(岩のかけら)は,山に寄りかかるように積もるので,半円錐形の地形を作る。崖錐堆積物は一般に透水性が高いので,基盤との境付近が水の通り道となって,そこをすべり面とした地すべりが生じやすい。
A切土したガケ面に湧水がみられる所
このような所は,一般に,その湧水地点から上の部分の方が,それより下の部分よりも,ガケ崩れを起こしやすい。
B地図の上での等高線が密な所(ギッシリ書き込まれている所)
C地山(じやま)を切土した所
このような所は,風化による強度の低下と流水による浸蝕のおそれがあるので,擁壁で覆うか,又は速やかに植生(樹木を植える)等をして,そのがけ面を保護しないと,ガケ崩れを起こしやすい。
D崩壊跡地(地すべり地)
崩壊跡地(地すべり地)は,現在は安定していても,盛土をするとバランスをくずし,再びすべることがあるので注意が必要だ。
崩壊跡地は,周辺と異なる植生(植物の分布状態)を示し,微地形的には(地形を細かく見ると)馬蹄形状の凹地形を示すことが多い。
E台地の縁辺部(はじっこ)

前ページ次ページ


MAP 資格 行政書士 社会保険労務士 FP 宅建 マンション管理士 管理業務主任者 行政書士試験 相続遺言C久留米 風俗営業許可久留米 遺言書 遺産相続 保証人 公的融資 公正証書 SEO対策