宅建試験・参考書 法令上の制限

presented by 宅建倶楽部

第4 換地処分

(1)
換地処分とは,施行地区内の所有権その他の権利に関し,権利者の意思によらずに,従前の土地の権利を消滅させ,その代わりに,整理・改良後の土地を従前の土地とみなす方法で,従前の土地に存在した権利を整理・改良後の土地上に取得させることだ。
要するに,従前の宅地上の権利を換地上に横すべりさせるのが,換地処分だ。

(2)
換地処分は,施行者が行う。
なお,換地処分は,施行者が,換地計画において定められた関係事項を,従前の宅地の所有者に通知することによって行う。

(3)
換地処分は,換地計画に係る区域の全部について,土地区画整理事業の工事が完了した後に,遅滞なく,しなければならない。
ただし,規約,定款等に別段の定めがあるときは,全部について工事が完了する前でも,換地処分ができる。

(4)
個人以外の者が土地区画整理事業を施行するときは,施行地区内の宅地について未登記の所有権や借地権を有する者は,その所有権や借地権を,施行者に申告し又は届け出る必要がある。
そこで,未登記の所有権や借地権を有する者が申告又は届出を怠ったときは,個人以外の施行者は,その所有権や借地権が存しないものとみなして,換地処分ができることになっている。
もっとも,未登記や未申告の所有権や借地権が当然に消滅するわけではない。
そのような権利でも,施行者によって従前の宅地とみなされる換地が定められれば,存続して換地に引き継がれる。

前ページ次ページ


MAP 資格 行政書士 社会保険労務士 FP 宅建 マンション管理士 管理業務主任者 行政書士試験 相続遺言C久留米 風俗営業許可久留米 遺言書 遺産相続 保証人 公的融資 公正証書 SEO対策