宅建試験・参考書 法令上の制限

presented by 宅建倶楽部

5 斜線制限

斜線制限は,建築物の各部分の高さに規制を加え,周辺の通風・日当たりを確保することで,快適な街づくりを目指す規定(集団規制)だ。
建築物の各部分の高さの規制(斜線制限)には,
・道路斜線制限
・隣地斜線制限
・北側斜線制限
の3つがある。
なお,知事が関係市町村の意見を聴いて指定する区域内で,かつ,地方公共団体が,条例で定める場合には,「都市計画区域および準都市計画区域」外でも斜線制限が適用される。

道路斜線制限

(1)
道路斜線制限とは,建築物の各部分の高さは,用途地域や容積率に応じて,前面道路の反対側の境界線からの水平距離が一定の範囲内[甲]では,その部分から前面道路の反対側の境界線までの水平距離に一定の数値[乙]を乗じて得たもの以下としなければならないことだ。
上の[甲]や[乙]の数値はいろいろあるが,例えば,第一種住居地域で容積率が10分の20を超え10分の30以下の所では,(甲)=25m(乙)=1.25となっている。

(2)
道路斜線制限は,すべての用途地域に適用がある。
なお,用途地域の指定のない区域や日影規制が行われている区域でも,道路斜線制限は適用される。


隣地斜線制限

(1)
隣地斜線制限とは,建築物の各部分の高さは,用途地域に応じて,その部分から隣地境界線までの水平距離を[甲]とすると,
・第一種中高層住居専用地域,第二種中高層住居専用地域,第一種住居地域,第二種住居地域,準住居地域では,[甲]×1.25m+20m以下
・その他の所では,[甲]×2.5 m+31m以下
を原則としなければならないことだ。

(2)
隣地斜線制限は,第一種低層住居専用地域と第二種低層住居専用地域には適用されない。
なお,用途地域の指定のない区域や日影規制が行われている区域でも,隣地斜線制限は適用される。


北側斜線制限

(1)
北側斜線制限とは,住居専用地域の建築物の各部分の高さは,その部分から前面道路の反対側の境界線または隣地境界線までの真北方向の水平距離[甲]に1.25を乗じて得たものに,
・第一種低層住居専用地域,第二種低層住居専用地域では5m
・第一種中高層住居専用地域,第二種中高層住居専用地域では10m
を加えたもの以下でなければならないことだ。

(2)
北側斜線制限は,住居専用地域に限って適用される。
なお,第一種中高層住居専用地域と第二種中高層住居専用地域では,そこで日影規制されていれば,北側斜線制限の適用はない。

特例

(1)
特定街区内の建築物については,道路斜線制限・隣地斜線制限・北側斜線制限が,すべて適用されない。つまり,そこ独自の制限が定められる。

(2)
都市再生特別地区内の建築物についても,道路斜線制限・隣地斜線制限・北側斜線制限は,すべて適用されない。つまり,そこ独自の制限が定められる。

前ページ次ページ


MAP 資格 行政書士 社会保険労務士 FP 宅建 マンション管理士 管理業務主任者 行政書士試験 相続遺言C久留米 風俗営業許可久留米 遺言書 遺産相続 保証人 公的融資 公正証書 SEO対策