平成20年度 宅地建物取引主任者資格試験

presented by 宅建倶楽部

【問 49】 土地の形質に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)地表面の傾斜は、等高線の密度で読み取ることができ、等高線の密度が高い所は傾斜が急である。
(2)扇状地は山地から平野部の出口で、勾配が急に緩やかになる所に見られ、等高線が同心円状になるのが特徴的である。
(3)等高線が山頂に向かって高い方に弧を描いている部分は尾根で、山頂から見て等高線が張り出している部分は谷である。
(4)等高線の間隔の大きい河口付近では、河川の氾濫により河川より離れた場所でも浸水する可能性が高くなる。

 

解説


(1)正しい。地表面の傾斜は,等高線の密度で読み取ることができる。等高線の密度が高い所(等高線がギッシリ書き込まれている所)は傾斜が急だ(上の図の「密」の所)。反対に,等高線の密度が低い所(等高線があまり書き込まれていない所)は傾斜が緩やかだ(上の図の「疎」の所)。
(2)正しい。扇状地は,山地から川によって運ばれてきた砂礫などが堆積した平坦地だ。したがって扇状地は,山地から平野部に至る出口で,勾配が急に緩やかになる所に見られる。砂礫などが堆積しているので,等高線は同心円状(うずまき型)になるのが特徴的だ。なお扇状地と三角州は違うので注意。三角州は,川により運ばれてきた砂礫などが「河口で堆積」した地形だ。
(3)誤り。本肢は表現が逆なのでバツ。等高線が山頂に向かって高い方に弧を描いている部分(張り出している部分)は「谷」だ(上の図の「谷」の所)。また,山頂から見て等高線が張り出している部分は「尾根」だ(上の図の「尾根」の所)。
(4)正しい。河口付近は海の近くで平らなので,等高線の間隔は大きい。つまり地形の高低差がほとんどない。だから,もし河川が氾濫したら,河川より相当離れた場所にまで水が押し寄せ,浸水する可能性が高くなる。

正解(3)


MAP 資格 行政書士 社会保険労務士 FP 宅建 マンション管理士 管理業務主任者 行政書士試験 相続遺言C久留米 風俗営業許可久留米 遺言 遺産相続 保証人 公的融資 公正証書 SEO対策