[行政書士試験過去問クイズトップ]

行政書士試験過去問クイズ地方自治法 Q1


Powered By TakaQ Ver.2.05

0問中0問正解 (正答率0.0%) 0分00秒経過



第1問 58人中30人正解 (正答率51.7%)

住民訴訟に関する次のア〜エの記述のうち、最高裁判所の判例に照らし、正しいものの組合せはどれか。
ア 教育委員会が教頭を退職前の1日だけ校長に任命した行為を前提に、地方公共団体の長が行った退職手当の支給は、任命行為が違法であるならば当然に違法となる。
イ 懲戒免職処分とすべきところを違法に分限免職処分とした上で行われた退職手当の支給は、当該分限免職処分が退職手当の支給の直接の原因であるから、当然に違法となる。
ウ 地方公共団体が随意契約の制限に関する法令に違反して契約を締結した場合には、当該契約に基づく債務の履行は当然に違法となる。
エ 県議会議長が発した議員の野球大会参加のための旅行命令書に基づき知事の補助職員が行った公金の支出は、当該旅行命令が違法であったとしても適法となる余地がある。

  1. イ・ウ
  2. ア・イ
  3. ア・ウ
  4. イ・エ
  5. ア・エ