[行政書士試験過去問クイズトップ]

行政書士試験過去問クイズ基礎法学 Q1


Powered By TakaQ Ver.2.05

0問中0問正解 (正答率0.0%) 0分00秒経過



第1問 169人中113人正解 (正答率66.8%)

 わが国の法律に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。

  1.  国法は全国一律の規制を行うものであり、地域の特性に鑑み特別の地域に限って規制を行ったり、規制の特例措置をとったりすることは許されない。
  2.  わが国の法律は基本的には属人主義をとっており、法律によって日本国民以外の者に権利を付与することはできない。
  3.  限時法とは、特定の事態に対応するために制定され、その事態が収束した場合には失効するものをいう。
  4.  日本国憲法は遡及処罰の禁止を定めており、法律の廃止に当たって廃止前の違法行為に対し罰則の適用を継続する旨の規定をおくことは許されない。
  5.  法律が発効するためには、公布がされていることと施行期日が到来していることとの双方が要件となる。