presented by 宅建倶楽部

宅建試験・テーマ別過去問解説集 その他の分野

  建物の知識

平成17年[問 49] 建物の知識

建物の構造に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

(1)耐力壁と周囲の柱及びはりとの接合部は,その部分の存在応力を伝えることができるものとしなければならない。
(2)コンクリートは,打上がりが均質で密実になり,かつ,必要な強度が得られるようにその調合を定めなければならない。
(3)構造耐力上主要な部分である柱,筋かい及び土台のうち,地面から1m以内の部分には,しろありその他の虫による害を防ぐための措置を講ずるとともに,必要に応じて有効な防腐措置を講じなければならない。
(4)筋かいには,欠込みをしてはならない。ただし,筋かいをたすき掛けにするためにやむを得ない場合において,必要な補強を行ったときは,この限りでない。

 

平成17年[問 49] 解説

(1)正しい。壁・柱・はりのジョイント部分(接合部)はガタが生じちゃダメ,ということを本肢のように表現する。構造部の各部に実際に生じている力(その部分の存在応力)は,壁から柱,柱からはり,というようにスムースに伝えられないと,建物の地震に対する強度が不足するからだ。
(2)正しい。コンクリートにはムラが生じちゃダメ,ということを本肢のように表現する。でないと必要な強度が得られないのは常識だろう。
(3)誤り。木造建築物の場合,地面から1m以内の土台等(構造耐力上主要な部分である柱,筋かい及び土台)には…
@有効な「防腐措置」を講ずる必要がある。
A「必要に応じて」白あり対策等の「防虫措置」を講じる必要がある。
したがって,「必要に応じて」講じなければならないのはAの「防虫措置」だ。本肢は,@の「防腐措置」について「必要に応じて…」と書いてあるので誤り。「防腐措置」はいつも講じなければならないのだ。
(4)正しい。筋(すじ)かいとは,柱と柱の間に対角線になるように入れる補強材だ。この筋かいには,原則として欠込(かきこ)み(材料の一部を欠き取ること)をしてはならない。ただし,筋かいを「たすき掛け」(二本の筋かいをバッテンの形につなぐ)にするためにやむを得ない場合に,必要な補強を行ったときは,欠込みをしてもよい。

 正解(3)


平成21年 [問 50] 建物の知識

建物の構造に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。

(1)鉄骨構造の特徴は、自重が重く、耐火被覆しなくても耐火構造にすることができる。
(2)鉄筋コンクリート構造は、耐火、耐久性が大きく骨組形態を自由にできる。
(3)鉄骨鉄筋コンクリート構造は、鉄筋コンクリート構造よりさらに優れた強度、じん性があり高層建築物に用いられる。
(4)集成木材構造は、集成木材で骨組を構成した構造で体育館等に用いられる。

 

平成21年 [問 50] 解説

(1)不適当。鉄骨構造は自重(じじゅう)(自分自身の重さ)が重く,靭性(じんせい)(粘り強さ)も大きいので,大空間を有する建築や高層建築の骨組に適している。しかし,鉄骨はそのままでは耐火性が劣る。鉄骨構造は,鉄が不燃材料(例:コンクリート)で覆われていないので,火災の際に鉄が直接火にさらされ,鉄が溶けたり曲がったりするからだ。したがって,耐火(たいか)被覆(ひふく)(コンクリート等で覆うこと)をしなければ耐火構造にはできない。
(2)適当。鉄筋コンクリート構造とは,主要な骨組に鉄筋を入れたコンクリートを用いたものだ。鉄筋は引っ張る力に強く,コンクリートは圧縮力に強い。そこで両者の長所を合理的に組み合わせて,基礎,柱,梁(はり),床,屋根などが一体になるように作った建物が鉄筋コンクリート構造なので,骨組形態を自由にできる。鉄筋のさび止めと耐火のために鉄筋に対するかぶり(鉄筋にかぶせるコンクリート)も施されるので,耐火・耐久性が大きいとも言える。
(3)適当。鉄骨鉄筋コンクリート構造は,鉄骨構造と鉄筋コンクリート構造の長所を組み合わせたものだ。そこで,鉄筋コンクリート構造よりさらに優れた強度(耐火・耐久性),靭性(じんせい)(粘り強さ)がある。そんなわけで,主に高層建築物に用いられている。
(4)適当。集成木材とは,人工乾燥させた板を,繊維(木目)方向に何枚も接着剤で接着した建築材料だ。節(ふし)や割れなど,木材特有の欠点を取り除いてから貼り合わせるので,狂い・ねじれ・まがり等が生じにくい。そこで最近では,大規模な木造建築物の骨組みにも使用されている。アーチ状に湾曲させた集積材も開発されていて,その場合は体育館にも用いられている。

 正解(1)


平成22年 [問 50] 建物の知識

建築物の構造と材料に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。

(1)常温において鉄筋と普通コンクリートの熱膨張率は、ほぼ等しい。
(2)コンクリートの引張強度は、圧縮強度より大きい。
(3)木材の強度は、含水率が大きい状態のほうが小さくなる。
(4)集成材は、単板などを積層したもので、大規模な木造建築物に使用される。

 

平成22年 [問 50] 解説

(1)適当。常温において(人間が生活する普通の気温で),鉄筋と普通コンクリートの熱膨張率は,ほぼ等しい。熱膨張率とは,温度上昇に伴う体積の膨張の程度のことだ。だからビルが鉄筋コンクリート造になっているわけで,もし熱膨張率が違っていたら,鉄筋コンクリート造の建物なんか造れなくなっちゃう!
(2)不適当。コンクリートの引張強度(引っ張る力に耐える強さ)は,圧縮強度(押すつぶす力に耐える強さ)より「小さい」。一般に,コンクリートの引張強度は,圧縮強度の10分の1程度しかない。なお,鉄筋の引張強度は,圧縮強度より「大きい」。そこで,鉄筋コンクリート造の建物は,コンクリートの圧縮強度の大きさと,鉄筋の引張強度の大きさを組合わせることで強度を保っているわけだ。
(3)適当。木材の強度は,含水率が大きい状態のほうが「小さく」なる。木は湿っている状態の方が乾燥状態より弱い,ということだ。
(4)適当。集成材とは,人工乾燥させた板を,繊維(木目)方向に何枚も接着剤で接着した(積層した)建築材料だ。節(ふし)や割れなど,木材特有の欠点を取り除いてから貼り合わせるので,狂い・ねじれ・まがり等が生じにくい。そこで最近では,大規模な木造建築物の骨組みにも使用されている。アーチ状に湾曲させた集成材も開発されている。

 正解(2)


平成23年[問 50] 建物の知識

建築物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

(1)ラーメン構造は、柱とはりを組み合わせた直方体で構成する骨組である。
(2)トラス式構造は、細長い部材を三角形に組み合わせた構成の構造である。
(3)アーチ式構造は、スポーツ施設のような大空間を構成するには適していない構造である。
(4)壁式構造は、柱とはりではなく、壁板により構成する構造である。

 

平成23年[問 50] 解説

(1)適当。本問は、建築物の骨組構造に関する出題だ。建築物の骨組としては、トラス、ラーメン、アーチ、壁式構造などが用いられる。
@「トラス」は、骨組を「三角形」に組む形式(細長い部材を三角形に組み合わせた構成の構造)だ。
A「ラーメン」は、骨組を「四角形」(直方体)に組む形式(柱とはりを組み合わせた直方体で構成する骨組)だ。これはドイツ語であり、食べるラーメンではない!
B「アーチ」は、骨組を「アーチ」状(円弧状)に組む形式だ。
C「壁式構造」は、「壁だけ」で骨組みを組む形式(柱とはりを持たない箱状の骨組)だ。
したがって、本肢はAを正しく表現しているので、適当だ。
(2)適当。肢(1)@の説明参照。
(3)不適当。肢(1)Bで説明したように、「アーチ」は、骨組みを「アーチ」状(円弧状)に組む形式だが、このアーチ式構造は、スポーツ施設のような大空間を構成するのに「適している」。体育館の天井方向を見ればアーチ式構造が多いことが分かるが、スポーツ施設のような大空間を構成するのに適しているから、そうなっているのだ。
(4)適当。肢(1)Cで説明したように、「壁式構造」は、「壁だけ」で骨組みを組む形式(柱とはりを持たない箱状の骨組)だ。したがって、本肢の表現は適当だ。壁式構造は、柱やはりが室内に出っ張らないので、すっきりとした空間ができるのが長所だ。なお、木造建築物の壁式構造は、ツーバイフォー工法(2インチ×4インチの木材を部材として壁を造り、その壁自体で建物の荷重を支える工法)が採用されることが多い。

 正解(3)


平成25年[問 50] 建物の知識

建築の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
(1)耐震構造は、建物の柱、はり、耐震壁などで剛性を高め、地震に対して十分耐えられるようにした構造である。
(2)免震構造は、建物の下部構造と上部構造との間に積層ゴムなどを設置し、揺れを減らす構造である。
(3)制震構造は、制震ダンパーなどを設置し、揺れを制御する構造である。
(4)既存不適格建築物の耐震補強として、制震構造や免震構造を用いることは適していない。

 

平成25年[問 50] 解説

耐震補強の方法には、耐震構造・免震構造・制震構造の3つがある。
(1)適当。耐震構造は、建物を頑丈にする方法だ。地震に「耐える構造」ということで、この名がある。具体的には問題文にあるように、柱、はり(柱の上に水平に渡す建材)、耐震壁(地震に強い頑丈な壁)などで剛性(建物の頑丈さ)を高め、地震に対して十分耐えられるようにした構造だ。
(2)適当。免震構造は、地震の力が建物に伝わらないようにする方法だ。地震の力を「免れて」建物に伝わらないようにするということで、この名がある。具体的には問題文にあるように、建物の下部構造(基礎)と上部構造との間に積層ゴム(ゴム板と鋼板を交互に重ねて接着したもの)などを設置し、揺れを減らす構造だ。
(3)適当。制震構造は、地震による揺れを早く小さくする方法だ。地震による建物の震動を早く「制御する」ということで、この名がある。具体的には問題文にあるように、制震ダンパー(地震の時に、建物本体とタイミングがずれて振動する装置の総称)などを設置し、揺れを制御する構造だ。
(4)不適当。既存不適格建築物とは、建築基準法関係の現在の法令の施行または適用以前から存在する建築物で、現在の法令に適合しないものだ。既得権があるので耐震補強しなくても違法建築物にならないのが原則だが、東日本大震災を契機として耐震補強するものが増えてきた。この場合、費用の安さの面から耐震構造による補強が多い。でも比較的安価な制震構造や免震構造も普及しつつあるので、これらを用いることも大いに適している。余談だが、新築のビルではその高さを問わず、耐震構造・免震構造・制震構造の3つを併用する例が非常に多くなっている。

 正解(4)


平成26年[問 50] 建物の知識

建築物の構造と材料に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

(1)鉄筋コンクリート構造におけるコンクリートのひび割れは、鉄筋の腐食に関係する。
(2)モルタルは、一般に水、セメント及び砂利を練り混ぜたものである。
(3)骨材とは、砂と砂利をいい、砂を細骨材、砂利を粗骨材と呼んでいる。
(4)コンクリートは、水、セメント、砂及び砂利を混練したものである。

 

平成26年[問 50] 解説

(1)適当。鉄筋コンクリート構造とは、主要な骨組に鉄筋を入れたコンクリートを用いた建物だ。もしコンクリートにひび割れが生じると、そこから雨水等が浸入するので、鉄筋の腐食に関係する。ところで、鉄筋は腐食すると鉄筋の膨張をもたらすので、それが原因でコンクリートのひび割れがさらに拡大するという悪循環を引き起こす。だから、鉄筋コンクリート構造におけるコンクリートのひび割れは、早期に発見して修理しておくことが重要だ。
(2)不適当。モルタルとは、一般に「水とセメント」に細骨材(砂)を混ぜ合わせた建築材料だ。モルタルには粗骨材(砂利)は練り混ぜないので、誤り。
(3)適当。骨材とは、砂と砂利をいう。例えばモルタルは、「水とセメント」を丈夫にする骨として砂(細骨材)を混ぜ合わせる。またコンクリートは、「水とセメント」を丈夫にする骨として砂(細骨材)と砂利(粗骨材)を混ぜ合わせる。
(4)適当。コンクリートは、「水とセメント」を丈夫にする骨として砂(細骨材)と砂利(粗骨材)を混ぜ合わせたものだ。

 正解(2)

前のテーマ次のテーマ