presented by 宅建倶楽部

宅建試験・テーマ別過去問解説集 法令上の制限

  斜線制限

平成5年[問 23] 斜線制限

建築物の高さの制限に関する次の記述のうち,建築基準法の規定によれば,正しいものはどれか。

(1)道路斜線制限(建築基準法第56条第1項第1号の制限をいう。)は,用途地域の指定のない区域内については,適用されない。
(2)隣地斜線制限(建築基準法第56条第1項第2号の制限をいう。)は,第一種低層住居専用地域及び第一種中高層住居専用地域内については,適用されない。
(3)北側斜線制限(建築基準法第56条第1項第3号の制限をいう。)は,第一種低層住居専用地域・第二種低層住居専用地域・第一種中高層住居専用地域・第二種中高層住居専用地域内に限り,適用される。
(4)日影制限(建築基準法第56条の2の制限をいう。)は,商業地域内においても,適用される。

 

平成5年[問 23] 解説

(1)誤り。道路斜線制限は,用途地域の指定のない所でも,適用される。
(2)誤り。隣地斜線制限は,低層住居専用地域(第一種低層住居専用地域と第二種低層住居専用地域)には適用されない。しかし,低層住居専用地域以外の用途地域(第一種中高層住居専用地域など)ついては適用される。
(3)正しい。北側斜線制限は,住居専用地域(第一種低層住居専用地域・第二種低層住居専用地域・第一種中高層住居専用地域・第二種中高層住居専用地域)でのみ適用される。
(4)誤り。「商業地域・工業地域・工業専用地域」は,原則として日影制限が適用されない。

 正解(3)

前のテーマ次のテーマ