presented by 宅建倶楽部

宅建試験・テーマ別過去問解説集 法令上の制限

  道路関係の規制

平成12年[問 24] 道路関係の規制

建築基準法に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。

(1)道路法による道路は,すべて建築基準法上の道路に該当する。
(2)建築物の敷地は,必ず幅員4m以上の道路に2m以上接しなければならない。
(3)地方公共団体は,土地の状況等により必要な場合は,建築物の敷地と道路との関係について建築基準法に規定された制限を,条例で緩和することができる。
(4)地盤面下に設ける建築物については,道路内に建築することができる。

 

平成12年[問 24] 解説

(1)誤り。国の法律を統一させるため,他の法律(道路法)で道路とされたものは建築基準法上もなるべく道路とするようにしている。しかし,建築基準法上の道路は,「原則として幅員(道路幅)を4m以上」にしたいという至上命令がある。でないと,都会なのに普通の自動車がすれ違えないという狭い道ができてしまうからだ(普通の自動車は幅が1m70cm前後あるので,道路幅が4m以上ないと,すれ違いが困難!)。したがって,道路法による道路が建築基準法上の道路になるには,原則として「道路幅が4m以上」という条件が必要だ。
(2)誤り。建物の敷地は,幅4m以上の道路に2m以上接しなければならないのが,原則だ。これを接道義務という。でないと,火事のとき消防車が近づけないなど,建物の安全が保てないからだ。しかし,敷地の周囲に広い空地を有する建築物などで,特定行政庁が交通上・安全上・防火上及び衛生上支障がないと認めて,建築審査会の同意を得て許可した場合は,このような心配は無いから,接道義務を守らなくてもよい。本肢は「必ず」と書いてある点が誤りだ。
(3)誤り。地方公共団体(都道府県や市町村)は,必要な場合,建物の敷地と道路との関係について建築基準法で定められた制限を,条例(都道府県や市町村の議会で定めた法)で強化できる。例えば,「千葉県船橋市の建物の敷地は,幅4m以上の道路に3m以上接しなければならない」と接道義務を強めることができる。でも,建築基準法は日本の最低基準を定めた法律なので,条例で緩和するのはダメだ。「船橋市の建物の敷地は,幅4m以上の道路に1m以上接すればよい」という条例は作れないということだ。
(4)正しい。建物は道路内に建築できないのが,原則だ。通行のジャマになるからだ。でも地下(地盤面下)に設ける建物(例えば,地下街にあるショッピングセンター)は,上の道路の通行のジャマにはならないから,道路内に建築できる。

 正解(4)

前のテーマ次のテーマ