presented by 宅建倶楽部

宅建試験・テーマ別過去問解説集 法令上の制限

  単体規制

昭和58年[問 24] 単体規制

建築基準法に定める建築物の敷地,構造及び設備に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

(1)延べ面積が 500uを超える木造の建築物は,その外壁及び軒裏で延焼のおそれのある部分を防火構造とし,その屋根の構造を一定の構造としなければならない。
(2)高さ13mを超える建築物は,床,屋根及び階段を除く主要構造部を耐火構造等一定の基準に適合するものとしなければならない。
(3)住宅の居室で,地階に設けるものは,壁及び床の防湿の措置等について,衛生上必要な政令で定める技術的基準に適合するものとしなければならない。
(4)建築物に設ける昇降機は,安全な構造で,かつ,その昇降路の周壁及び開口部は,防火上支障がない構造としなければならない。

昭和58年[問 24] 確認

(1)誤り。「延べ面積1,000u超」の木造建築物等は,その外壁および軒裏(のきうら)で延焼のおそれのある部分を防火構造とし,その屋根の構造を一定の構造(例:通常の火災を想定した火の粉による建築物の火災の発生を防止するために屋根に必要とされる性能に関して,政令で定める技術的基準に適合するもの)としなければならない。本肢では,延べ面積が「500uを超える」と書いてある点が誤り。
(2)正しい。「高さ13m超,軒高9m超」のいずれかに当たる建築物は,主要構造部を耐火構造等の一定の基準に適合するもの(例:木造にしない)にする必要がある。「火災でやたら崩れない」ように,構造上の安全性を図る制度だ。なお,主要構造部とは,建築物の構造上重要である壁,柱,床,はり,屋根,階段をいうが,ここでは床,屋根,階段は除かれる。床,屋根,階段が耐火構造等の一定の技術的基準に適合しなくても,構造上の安全性にさほど影響しないからだ。
(3)正しい。住宅の居室(きょしつ),学校の教室,病院の病室または寄宿舎の寝室で,地階に設けるものは,壁および床の防湿の措置などについて,衛生上必要な政令で定める技術的基準に適合するものとしなければならない。なお,居室とは,居住,執務,作業,集会,娯楽などのために継続的に使用する部屋のこと。
(4)正しい。建築物に設ける昇降機(エレベーター)は,安全な構造で,かつ,その昇降路の周壁および開口部(ドア)は,防火上支障がない構造でなければならない。

 正解(1)


平成12年[問 22] 単体規制

次の記述のうち,建築基準法の規定によれば,正しいものはどれか。

(1)住宅は,敷地の周囲の状況によってやむを得ない場合を除き,その1以上の居室の開口部が日照を受けることができるものでなければならない。
(2)高さ25mの建築物には,周囲の状況によって安全上支障がない場合を除き,有効に避雷設備を設けなければならない。
(3)高さ25mの建築物には,安全上支障がない場合を除き,非常用の昇降機を設けなければならない。
(4)延べ面積が2,000uの準耐火建築物は,防火上有効な構造の防火壁によって有効に区画し,かつ,各区画の床面積の合計をそれぞれ500u以内としなければならない。

 

平成12年[問 22] 確認

(1)誤り。居住のための居室,学校の教室,病院の病室等には,採光のための窓その他の開口部を設け,その採光に有効な部分の面積は,その居室の床面積に対して,住宅では7分の1以上,その他の建築物では5分の1から10の1までの間において政令で定める割合以上としなければならない。ただし,地階に設ける居室等については,適用されない。これはどういう意味かというと,住宅は「全然日照を受けない部屋があっても良い」ということだ。
(2)正しい。高さ「20m超」の建築物には,有効に避雷設備(避雷針)を設けなければならない。ただし,周囲の状況によって安全上支障がない場合は,除かれる。本肢の建築物は高さ25mなのだから避雷設備を設けなければならない。
(3)誤り。高さ「31m超」の建築物には,非常用の昇降機を設けなければならない。本肢の建築物は高さ25mなのだから,非常用の昇降機を設ける必要はない。なお「非常用の昇降機」とは,火事の時に消防隊が消火作業および救出作業に使用するエレベーターのことだ。
(4)誤り。延べ面積「1,000u超」の建築物は,防火上有効な構造の防火壁によって有効に区画し,かつ,各区画の床面積の合計をそれぞれ 1,000u以内としなければならない。ただし,耐火建築物や準耐火建築物(本肢の建築物)等は防火性能が高いので,その必要はない。

 正解(2)

前のテーマ次のテーマ