presented by 宅建倶楽部

宅建試験・テーマ別過去問解説集 宅建業法

  免許(一般)

平成21年 [問 26] 免許(一般)

次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。

(1)本店及び支店1か所を有する法人Aが、甲県内の本店では建設業のみを営み、乙県内の支店では宅地建物取引業のみを営む場合、Aは乙県知事の免許を受けなければならない。
(2)免許の更新を受けようとする宅地建物取引業者Bは、免許の有効期間満了の日の2週間前までに、免許申請書を提出しなければならない。
(3)宅地建物取引業者Cが、免許の更新の申請をしたにもかかわらず、従前の免許の有効期間の満了の日までに、その申請について処分がなされないときは、従前の免許は、有効期間の満了後もその処分がなされるまでの間は、なお効力を有する。
(4)宅地建物取引業者D(丙県知事免許)は、丁県内で一団の建物の分譲を行う案内所を設置し、当該案内所において建物の売買契約を締結する場合、国土交通大臣へ免許換えの申請をしなければならない。

 

平成21年[問 26] 解説

(1)誤り。2つ以上の都道府県に事務所を置いて宅建業を行おうとするときは、国土交通大臣の免許を受けなければならない。宅建業法では、本店は宅建業を行わなくても常に事務所に数える。お客さんは、最後は本店に掛け合えばよいと考えるのが普通なので、その方がお客さんの保護になるからだ。したがって、法人Aは2つ以上の都道府県に事務所(甲県の本店と乙県の支店)を置いて宅建業を営もうとするのだから、国土交通大臣の免許を受けなければならない。
(2)誤り。免許の有効期間は5年だが、5年経って有効期間を更新するには、有効期間が満了する「90日前から30日前までの間」に、免許申請書を提出する必要がある。
(3)正しい。(2)の期間内に更新手続きの免許申請書を提出すれば、その申請について処分(免許の更新)がなされないときでも、前の免許で業務を行える。つまり、従前の免許は、有効期間の満了後もその処分(免許の更新)がなされるまでの間は、なお効力を有する。
(4)誤り。案内所は事務所ではない。したがって、丙県知事免許を有するDの事務所は丙県内にしかないので、Dは国土交通大臣へ免許換えの申請などできない。

 正解(3)


平成26年 [問 27] 免許(一般)

宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

(1)契約締結権限を有する者を置き、継続的に業務を行う場所であっても、商業登記簿に登載されていない事務所は、法第3条第1項に規定する事務所には該当しない。
(2)国土交通大臣又は都道府県知事は、免許に条件を付すことができるが、免許の更新に当たっても条件を付すことができる。
(3)法人である宅地建物取引業者が株主総会の決議により解散することとなった場合、その法人を代表する役員であった者は、その旨を当該解散の日から30日以内に免許を受けた国土交通大臣又は都道府県知事に届け出なければならない。
(4)免許申請中である者が、宅地建物取引業を営む目的をもって宅地の売買に関する新聞広告を行った場合であっても、当該宅地の売買契約の締結を免許を受けた後に行うのであれば、法第12条に違反しない。

 

平成26年[問 27] 解説

(1)誤り。「継続的に業務を行う」ことができる施設を有する場所で、宅建業に係る「契約を締結する権限を有する使用人」を置く所は、宅建業法上(第3条第1項)の事務所に該当する。そこが商業登記簿に登載されているかいないかは、関係ない。
(2)正しい。免許には条件を付けることができる。宅建業の適正な運営並びに宅地・建物の取引の公正を確保するためには、条件を付けなければならない場合もあるからだ。免許の更新も実質は新規の免許と変わらないので、同じことが言える。例えば免許の更新に当たって、今まで宅建業の取引実績が乏しかった業者に対し、「更新直後1年の事業年度における取引の状況に関する報告書を提出すること!」という条件を付けることができる。
(3)誤り。法人である宅建業者が「合併・破産手続の開始決定以外の理由」で解散した場合(つまり本肢の場合)、「清算人」が、その旨をその解散の日から30日以内に、免許を受けた大臣または知事に届け出なければならない。届出人が「その法人を代表する役員であった者」になるのは、法人である宅建業者が「合併」によって消滅した場合だ。なお、法人である宅建業者が「破産手続の開始決定」によって消滅した場合は、「破産管財人」が届出人になる。
(4)誤り。「法第12条に違反しない」とは、無免許事業の禁止規定に違反しないという意味だが、本肢では違う。免許申請中の者はまだ無免許であり、無免許者は宅建業を営む目的で売買に関する広告を行うこともできず、やってしまえば無免許事業の禁止規定に違反する。

 正解(2)

前のテーマ次のテーマ