presented by 宅建倶楽部

宅建試験・テーマ別過去問解説集 宅建業法

  宅建業者の意味(宅地になるか)

昭和61年[問 35] 宅建業者の意味(宅地になるか)

次のうち、宅地建物取引業法第2条第1号に規定する宅地に当たらないものはどれか。

(1)都市計画法第8条第1項第1号の用途地域内の土地で、民営の駐車場の用に供せられているもの
(2)登記記録上の地目は山林であるが、別荘の敷地に供する目的で取引される土地
(3)都市計画法第8条第1項第1号の用途地域内の土地で、都市公園法第2条第1項に規定する都市公園の用に供せられているもの
(4)登記記録上の地目は原野であるが、倉庫の敷地に供する目的で取引される土地

 

昭和61年[問 35] 解説

宅建業法上の宅地とは……
@『建物の敷地』である土地(将来建物の敷地になる予定の土地を含む)
A現在、用途地域内にある土地
のどちらかである。ただし、@またはAに該当しても、現在、公共施設(例:公園・道路・河川)内にある土地は宅地ではない。
(1)宅地に当たる。用途地域内の土地で、民営の駐車場の用に供せられているものは、上記Aに該当するから、宅地である。
(2)宅地に当たる。別荘の敷地に供する目的で取引される土地は、上記@に該当するから、宅地である。
(3)宅地に当たらない。都市公園の用に供せられているものは、現在、公共施設(公園)内にある土地だから、宅地ではない。
(4)宅地に当たる。倉庫の敷地に供する目的で取引される土地は、上記@に該当するから、宅地である。

 正解(3)

次のテーマ