[管理業務主任者試験問題クイズトップ]

管理業務主任者試験問題クイズ区分所有法 Q1


Powered By TakaQ Ver.2.05

0問中0問正解 (正答率0.0%) 0分00秒経過



第1問 109人中67人正解 (正答率61.4%)

 区分所有法第30条の規定により、専有部分若しくは共用部分又は建物の敷地若しくは附属施設につき規約を定める場合は、これらの形状、面積、位置関係、使用目的、利用状況等を総合的に考慮して、区分所有者間の利害の衡平が図られるよう定めなければならないとされているが、これらに関する次の記述のうち、区分所有法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1.  使用目的とは、専有部分を商業用や居住用に定める場合における用途の定め等を指す。
  2.  位置関係とは、区分所有者の利便に係る周辺施設等との位置関係を指す。
  3.  形状、面積とは、床面積や容積その他の外形的要素を指す。
  4.  利用状況とは、共用部分等の具体的な利用方法やその頻度等を指す。