[行政書士試験過去問クイズトップ]

行政書士試験過去問クイズ民 法 Q1


Powered By TakaQ Ver.2.05

0問中0問正解 (正答率0.0%) 0分00秒経過



第1問 52人中34人正解 (正答率65.3%)

 AはBのためにある事務処理を行った。これが、@A・B間における委任契約に基づく債務の履行である場合と、ABのために行った事務管理である場合とに関する次のア〜オの記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
ア Aは、@の場合において、事務の処理に関して費用を要するときは、Bに対しその費用の前払いを請求することができるのに対し、Aの場合には、Bに対し事務の管理により生じる費用の前払いを請求することができない。
イ Aは、@の場合には、事務を処理するために善良なる管理者の注意をもって必要と判断した費用についてBに対し償還請求をすることができるのに対し、Aの場合には、Bのために有益であった費用についてのみBに対し償還請求をすることができる。
ウ Aは、@の場合には、Bを代理する権限が法律上当然には認められないのに対し、Aの場合には、Bを代理する権限が法律上当然に認められる。
エ Aは、@の場合には、事務を処理するにあたって受け取った金銭をBに引き渡さなければならないが、Aの場合には、Bに対しそのような義務を負わない。
オ Aは、@の場合には、委任の終了後に遅滞なくBに事務処理の経過および結果を報告しなければならないのに対し、Aの場合には、事務管理を終了しても、Bの請求がない限り、事務処理の結果を報告する義務を負わない。

  1.  イ・エ
  2.  ア・オ
  3.  ウ・エ
  4.  ア・イ
  5.  ウ・オ