[行政書士試験過去問クイズトップ]

行政書士試験過去問クイズ基礎法学 Q1


Powered By TakaQ Ver.2.05

0問中0問正解 (正答率0.0%) 0分00秒経過



第1問 310人中109人正解 (正答率35.1%)

 次の記述のうち、正しいものはいくつあるか。
ア 日本社会は、法によって秩序づけられているが、そこでは成文法主義が採用されている。
イ 成文法主義は、社会の構成員に行動基準を指し示し、裁判官に裁判の基準を明確に示すのに役立つが、時代の変化には即応しにくい。
ウ 憲法と法律には、上下関係があり、制定の仕方においても違いがある。
エ 国会が制定した法律でも、私法の関係においてみると、商法(特別法)は民法(一般法)に優先して適用される。
オ 法律は、原則として遡及して適用することができない。
カ 法律も命令も立法権者は同じである。

  1. 六つ
  2. 三つ
  3. 五つ
  4. 四つ
  5. 二つ