[行政書士試験過去問クイズトップ]

行政書士試験過去問クイズ基礎法学 Q1


Powered By TakaQ Ver.2.05

0問中0問正解 (正答率0.0%) 0分00秒経過



第1問 171人中63人正解 (正答率36.8%)

次の文章は、19世紀のドイツのある法学者の文章を訳したものである。文中のAに入れるのに最も適当な語はどれか。
「憲法典のAを、憲法のAと混同してはならない。法律畑にいない人は、法命題は制定法に規定されていなければ存在しないものと考え、法学の任務が制定法の字句解釈に尽きるとみなす誤りに、陥りやすい。そして、ある特定の法命題が制定法によって定められているか否かは、しばしば、ほとんど無意味な偶然に左右される問題であることが、認識されないのである。けれども憲法典のAは、争われている問題の解決を、よリー般的な法原理から導く作業を要請するだけのことである。」

  1. 擬制
  2. 禁反言
  3. 欠缺
  4. 法諺
  5. 慣習法