平成16年度 行政書士試験問題

問題41〜50 51〜60 法令択一 記述式

正解例

※ 出題当時以後の法令等の改正には対応していません。

一般教養

問題41 ア〜オの四字熟語は、それぞれ一字が空欄になっている。その空欄に入る漢字と組み合わせて、すべて正しい熟語が作られているのはどれか。

ア 平□無事
イ 千□一遇
ウ 五里□中
工 清廉□白
オ 感□無量

   ア    イ    ウ    エ   オ
1 隠居  掲載  悪夢  決別  概算
2 温厚  盆栽  霧雨  傑作  述懐
3 安穏  積載  濃霧  清潔  憤慨
4 音楽  採用  雷雲  結合  該当
5 穏和  裁判  初夢  集結  大概


問題42 省略


問題43 省略


問題44 省略


問題45 省略


問題46 省略


問題47 性差別の撤廃に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1 国連で採択された女子差別撤廃条約(1979年)について日本は翌年署名したが、国内法制の整備にてまどり、「国連帰人の10年」の最終年(1985年)に批准となった。
2 国連の国際帰人年(1975年)にメキシコで開かれた国際婦人年世界会議において、男女差別が「人間の尊厳に対する犯罪を構成する」ことが初めて宣言され、翌年の国連総会で女性問題解決のための世界行動計画が採択された。
3 男女雇用機会均等法の制定(1985年)と同時に労働基準法上の女子の特別保護規定が見直され、母性保護以外の女子保護規定についても規制が強化された。
4 男女共同参画社会基本法の制定(1999年)によって、女性労働者に対するセクシュアル・ハラスメントの防止に関する事業者の配慮義務が初めて法律上明文化された。
5 内閣府に置かれる重要政策に関する会議の一つとしての男女共同参画会議は、内閣総理大臣が自ら議長をつとめ、会務を総理する。
(注)女子差別撤廃条約、男女雇用機会均等法の正式名称は、それぞれ「女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約」「雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等女子労働者の福祉の増進に関する法律」である。


問題48 国際経済の動向に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。

1 1970年代において先進国経済はスタグフレーションに陥り、貿易摩擦の激化を招いたが、その混乱の克服過程で経済活動のサービス化、金融化、情報化が進んだ。
2 1973年10月の第4次中東戦争および1978年のイラン革命に伴う2度の石油危機により、主要国は1980年代初めにいっせいに変動相場制に移行することになった。
3 1980年代の資本主義経済の変貌を促すきっかけとなったのは、イギリスのサッチャー政権による供給重視の経済政策と規制緩和の推進であった。
4 1985年のプラザ合意を経て、日本の対アジア直接投資と輸入の増加がアジアの新興工業国・地域の経済成長を促したが、ASEAN諸国全般に対する影響はなかった。
5 1980年代後半に主要な旧社会主義諾国が市場経済への移行を開始し、資本主義経済のグローバル化が進行する中で、主要国の金融市場とユーロ・カレンシー市場の分離が進んだ。


問題49 橋本内閣下で設置された行政改革会議は、政策の企両立案機能と実施機能の分離について提言した。その内容として正しいものはどれか。

1 高い視点と広い視野からの政策立案機能を確立するためには、内閣機能の強化を図り、各省の機能をできるだけ実施機能に純化させる必要がある。
2 両機能の分離は、企画立案部門よりも実施部門の過重な責任負担を軽減し、実施部門が国民に対する実施サービスの直接供給に専念できるようにすることを狙ったものである。
3 新しい中央省庁の組織編成にあたって、政策の企画立案機能は本省とその外局にまかせ、実施機能については可能な限り独立行政法人にゆだねることが必要である。
4 両機能の分離は、国と地方の役割分担に相応するものであり、政策立案は国の各省が行い、その実施機能は地方自治体にゆだねることが狙いである。
5 新しい行政組織の編成にあたって、混然一体となっている政策立案機能と実施機
能を組織的に分離し、各部門の役制と責任の分担関係を明確にする必要がある。


問題50 日本の科学技術の歩みに関する次の記述のうち、誤っているものの組合せはどれか。

ア 1872年に鉄遣(蒸気機関車)が新橋・横浜間で開通したのに続いて、その3年後には、電信(有線)も東京・横浜間で開通した。
イ 1883年に日本最初の電力会社である東京電灯株式会社が設立され、4年後の1887年には輸入発電機による火力発電所が完成し、電灯用電力の供給を始めた。
ウ 1890年に志賀潔が赤痢の病原体(細菌)を発見したのに続いて、1897年にはフランス滞在中の北里柴三郎がジフテリアおよび破傷風の血清療法を確立した。
エ 1911年、アメリカ滞在中の野口英世が梅毒病原体スピロヘータの純粋培養に成功し、その前後に鈴木梅太郎がオリザニンを発見した。

1 ア・イ
2 ア・ウ
3 イ・ウ
4 イ・工
5 ウ・工

>>> 問題51〜60 法令択一 一般教養


MAP 資格 行政書士 社会保険労務士 FP 宅建 マンション管理士 管理業務主任者 行政書士試験 相続遺言C久留米 風俗営業許可久留米 遺言 遺産相続 保証人 公的融資 公正証書SEO対策