平成14年度 行政書士試験問題

問題41〜50 51〜60 法令択一 記述式

正解例

※ 出題当時以後の法令等の改正には対応していません。

一般教養

問題 41 次のアからオの5組には三つの文がある。漢字の間違いがある文を持つ組は、いくつあるか。

ア 計算が会う。
   災難に遭う。
   好みに合う。
イ 国を治める。
   成功を納める。
   学問を修める。
ウ 堅い商売。
   固く信じる。
   表情が硬い。
エ 入れ替える。
   書き換える。
   挨拶に代える。
オ 決を採る。
   筆を執る。
   事務を取る。

1 一つ
2 二つ
3 三つ
4 四つ
5 五つ


問題 42 省略


問題 43 次の漢文から、「助長」ということばができた。「助長」の意味として、この漢文の内容と合うものは、 1から5のうちどれか。



1 力を貸して、利益を上げること。
2 力を添えて、勢いを盛んにさせること。
3 力を貸すつもりが、かえって害になること。
4 力を添えることで、悪い傾向を一層強くさせること。
5 力を添えるつもりなのに、かえって反撃されてしまうこと。


問題 44 省略


問題 45 省略


問題 46 省略


問題 47 いわゆる「政治主導」に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。

1 日本における政治主導確立のモデルになっているのは、アメリカ合衆国の大統領制であり、議院内閣制を大統領制に切り替えることが主たる目標である。
2 日本の国レベルにおける政治主導の主張は、首長主義をとっている地方自治体の政治運営スタイルに触発されたものである。
3 国会審議の活性化が図られるとともに、党首討論制の導入、政府委員制度の廃止、副大臣・政務官等の設置などの制度改革が行われた。
4 議院内閣制のもとで政治主導の確立をはかるには、内閣の法案提出権を法的に禁止することが必須の課題である。
5 国の行政改革における内閣機能の強化は、それによって行政権がますます強化されることになるから、政治主導の確立に逆行する。


問題 48 日本の選挙制度の歴史に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。

1 日本で男子普通選挙法が成立したのは1924年のことで、イギリスにならって小選挙区制がとられた。
2 日本で婦人参政権が樹立されたのは1945年のことであるが、それに基づく選挙が実施されたのは日本国憲法施行後の総選挙からである。
3 第二次世界大戦の敗戦後最初に行われた総選挙は、中選挙区制限連記制により比較多数で当選者をきめる方式をとった。
4 1947年5月の地方自治法の施行後に行われた統一地方選挙において、初めて都道府県および市区町村の首長と各議会の議員が選出された。
5 1950年制定の公職選挙法は、従前の衆議院議員選挙法と参議院議員選挙法とを統一し、地方公共団体の議員および長の選挙法制を統合することとなった。


問題 49 次に掲げるもののうち、国際連合憲章に定める国際連合の主要機関はいくつあるか。

ア 総会
イ 安全保障理事会
ウ 経済社会理事会
工 国際協力銀行
オ 国際司法裁判所

1 一つ
2 二つ
3 三つ
4 四つ
5 五つ


問題 50 日本の社会保障制度の形成に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。

1 民間企業の被用者を対象とする健康保険は、日露戦争後に進行しはじめた本格的な工業化に対処するために制定され、明治期の末に施行された。
2 官庁や企業に組織化されていない一般国民を対象とする国民健康保険法は、昭和初年の経済恐慌によって疲弊した都市の自営業者を生活破壊から守ることを主眼として、1938年に制定された。
3 第二次大戦中に民間企業の現業男子を対象とした労働者年令保険が創設され、その後に事務職と女子も加入するように改められて、名称も厚生年金保険となった。
4 1958年には新国民健康保険法が、翌59年には国民年金法が相次いで成立し、東京オリンピックの年(64年)になって「国民皆保険」「国民皆年金」が実現した。
5 社会保障給付水準の一挙引き上げが着手された1973年をもって「福祉元年」と命名されたが、第2次石油危機の勃発した年(79年)に「福祉見直し」の制度改革が始まった。

>>> 問題51〜60 法令択一 記述式


MAP 資格 行政書士 社会保険労務士 FP 宅建 マンション管理士 管理業務主任者 行政書士試験 相続遺言C久留米 風俗営業許可久留米 遺言 遺産相続 保証人 公的融資 公正証書SEO対策