平成11年度 行政書士試験

問1〜10 11〜20 業務法令

解答例

※ 出題当時以後の法令等の改正には対応していません。

一般教養

問 1 次の語句の組合せのうち、下線部分の漢字の使い方がすべて正しいものはどれか。

1 不穏な空気      財政が窮迫する   善後策を講じる
2 悪い者を放逐せよ  先祖のお墓を参る  責任を追求する
3 民主主義の幣害   やめた方が無難だ  費用を精算する
4 戸籍謄本       異才を放った      交通の要衝
5 壮大な計画      権力を誇示する    単的に表現する


問 2 次の熟語の組合せのうち、空欄に同じ漢字が入らないものはどれか。

1 青天白□  □進月歩  孤城落□  一□千秋
2 □挙両得  □蓮托生  □律背反  真実□路
3 我田引□  明鏡止□  山紫□明  松風□月
4 □差万別  悪事□里  一刻□金  □変万化
5 □面楚歌  朝三暮□  □海兄弟  □書五経


問 3 次の熟語とその意味の組合せのうち、誤っているものはどれか。

1 行雲流水─執着なく物に応じ、事に従って行動すること。
2 不得要領─なかなかこつがつかめず、うまくやれないこと。
3 朝令暮改─命令がしきりに改められて、あてにならないこと。
4 同工異曲─見かけは異なっているが、内容は似ていること。
5 金城湯池─守りが固くて、他から侵されないこと。

問 4 省略


問 5 省略

問 6 省略


問 7 省略


問 8 省略


問 9 明治時代の政治家に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1 江藤新平は、司法卿として司法制度の確立に努めたが、征韓論をめぐって下野し、佐賀の乱を起こし刑死した。
2 伊藤博文は、北海道開拓使官有物払下げ事件により一時失脚したが、1889年首相のとき大日本帝国憲法を発布した。
3 板垣退助は、自由民権運動の中心的人物として立志社・愛国社をたて、自由党を結成して自由党総理となった。
4 副島種臣は、外務卿として外交面で活躍したが、征韓論をめぐって下野し、民撰議院設立の建白書の提出に参加した。
5 大隈重信は、1881年国会開設意見書を提出し、国会の早期開設を主張した。明治十四年の政変で下野し、立憲改進党の党首となった。


問 10 次の文章の[ア]から[エ]までに入る語句の組合せとして正しいものは、次のうちどれか。

  1919年、[ア]で調印された[イ]によって、ヨーロッパでは新しい国際秩序が成立した。また、この条約により1920年には世界で初めて常設的国際平和機構として[ウ]が発足し、日本はイギリス・フランス・[エ]とともに常任理事国に選ばれた。

   ア           イ             ウ       エ
1 パリ平和会議   ヴェルサイユ条約   国際連盟   イタリア
2 パリ平和会議   不戦条約        国際連盟   イタリア
3 ワシントン会議  ヴェルサイユ条約   国際連盟   アメリカ合衆国
4 パリ平和会議   不戦条約        国際連合   アメリカ合衆国
5 ワシントン会議  ヴェルサイユ条約   国際連合   アメリカ合衆国

>>> 問11〜20 業務法令


MAP 資格 行政書士 社会保険労務士 FP 宅建 マンション管理士 管理業務主任者 行政書士試験 相続遺言C久留米 風俗営業許可久留米 遺言 遺産相続 保証人 公的融資 公正証書SEO対策